novel

□自覚
1ページ/5ページ

私は心に疑問を残したまま、成歩堂の事務所を出た。

「すまない、成歩堂――」

私は、自分でもこの気持ちがなんなのか分からないのだ…。
キミのことを考えているだけで、胸が苦しくなってくる……。

―――いつからだろうか、こんなにもキミを意識しだしたのは。

前までは普通に接していたのに、気がつけば頭の中はキミのことで一杯で………
私は一体どうしてしまったと言うのだ……。


ビューッ…


急に冷たい風が肌を掠めて、思わず顔をしかめた。


「早く帰ろう…外は冷えるな」


-------------


私は帰宅すると、シャワーを浴びた後に、夕食を食べた。
夕食の後は、ベッドに寝転がっていた。

そして、やはりこの時も、成歩堂のことばかり考えていた。


誰かにこのことを相談してみてはどうだろう?成歩堂に言っても困った顔しかしないし、気が楽になると思って言ってみたものの、より一層考え込むことになるし…。

イトノコギリ刑事――は、おそらく頼りにはならんだろう。
冥――は、成歩堂のことなんて話したら鞭で叩かれそうだ。
矢張――矢張はどうだろう。こういう奴に限って分かったりするかもしれん。気の進む相手ではないが、一応親友なのだし、成歩堂とも親友であることを考えれば、コイツが一番話しやすいだろうな。


そこまで考えて、私は矢張に連絡を取った。

――プルルル

――プルルル


ピッ


『もしも〜し?どなたれすかぁ〜?……ヒック』

ぐっ、コイツ…酔っているな…。
人が真剣に話そうとしているのに…!


『もしも〜し?』

「……うるさい、黙れ矢張」

『う〜ん?その声は御剣かぁ〜?そっちから電話しといて黙れはねぇだろ〜…』

「ム…すまない。ついキサマの声に苛ついてしまって…」

『……お前それ謝ってねぇだろ〜』

「とりあえず、用件を言う。キサマに相談があるのだ。明日午後5時に駅の近くの、いつものあのバーに来い。」

成歩堂と矢張と私は、月1回程度の割合でそこのバーに行っていた、安くてなかなかおいしい店である。

『オイオイ、オレの都合は聞かねぇの〜?』

「……どうせキサマは暇だろう。ではもう切るぞ、私は明日朝早いのだ。」


―――プッ


「暇とは酷ぇなぁ〜…オレだって忙しい時もあるんだぜ〜」とか聞こえた気がする。……多分問題ない、奴なら来るだろう。
そこまで考えると、私は目を閉じて、眠りについた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ