春夏の傷(想華之章)


【想華】

それは……
思い出が詰まった華。

アノ日…

―――…あの時

キミに伝えたかったのは


※此処は華月と緋月の小説置き場です。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ