紅と黒の旋律


己の手は血で穢れ
斬っても 斬っても
心は潤わず………


返り血にまみれて
今日を生きる。




いつ死んでも
分からない戦場下


英雄と言われようが
幾ら強かろうか
渇きは癒えず。







虚しく曇天の空を仰ぐ


大切な物が出来たって
裏切られるの。








それならば
そんなの要らない






欲しい物に手を
伸ばしても
空(くう)を斬るだけ――





――それは過去の話

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ