晴れ雨に狐

あれから、4132日、経った。

希望なんてない。」
しいはずの日記帳に書かれた文字は確かにが書いたもの。
それは、君が言った言葉
何気ないおしゃべりの中でふと、真剣な顔をした、君が。
僕と君は、この言葉でがってる。
もう手紙を出しても届かないけど。


――君が捨てた叶わない希望は、僕が持っているよ。

 
お題集


ランキング登録中。気に入って頂けたらクリックお願いします。
POSSIBILITY
彼方の幻
Essentials




ブックマーク|教える
最終更新日 2017/07/20




©フォレストページ