U

□人は誰しも一日一時間は妄想するのである。
1ページ/1ページ

うちのサイトの攻め達による妄想大会(なんか色々疲れて自暴自棄になった管理人による只の悪ふざけ)が今宵幕が開きます。相当くだらないですが優しいお姉様方読んでいただければ…















薮君の場合薮伊

伊野尾と俺でホラー映画を家で見んの。
そんで見終わったあとに俺はトイレに行こうとするわけ。
伊野尾はちょっと不安そうな顔して俺をチラ見するんだよ。
帰ってきた俺を見てほっとして思わず微笑む伊野尾。
時間も遅いから寝ることにする、俺は布団ひいて伊野尾はベッドに寝るの。
数分経っても寝返りを繰り返す伊野尾。
十数分経って伊野尾がか細い声で俺の名前を呼ぶの。
でも俺は狸寝入りするわけ。
だんだん呼ぶ声が大きくなってきて、声が震えてくんの。
やっと起きたフリして伊野尾を見てると泣いている。
俺は背中を擦ってやる。そこで伊野尾が言うわけよ。

「い、一緒に寝ちゃ…ダメ?」

俺はしょうがないなぁって呟いてから布団にいれてやるの。
うん、理想だね。








高木くんの場合高有


有岡君がちょっと不機嫌なの。
ピリピリしていてなんだか少し怖いから俺はひとりにしてあげることにする。
一時間くらいどっかで時間つぶしてから部屋に戻ると有岡君が居ないの。あれ〜?って思って探すと寝室の端っこで小さく丸まっている有岡君発見。
どうしたの?って聞いたら涙目で睨み付けるわけ。


「置いてくなよ…バカ木…ッ」


それで抱き着いてくる有岡君。
不安になっちゃったみたいで普段言わないことまで言っちゃう有岡君。


「すきだからぁ…何処にもいくなよッ」


あーぜったい有岡君可愛い!!





八乙女くんの場合光伊



妄想あんましないわ、俺。





八乙女くんの場合光大


だから妄想しねぇって言ってんだろ、聞こえねぇのかよ阿呆。





薮くんの場合薮光



光がね、けーとと絡んでんの。
あ、いやらしい意味じゃなくて。
俺はやっぱあんま面白くないから有岡に絡みにいく。
高木以外には素直だしなんだか俺に懐いている有岡は尻尾ぶんぶん振って俺と話してるわけ。
にこにこ笑う有岡は可愛い。
俺は可愛いなぁなんていって膝に乗せてほっぺにちゅうする。
やめてよぉ〜って笑う有岡。
ふと光を見ればすごく悲しそうな顔してるわけ。俺は有岡にぎゅうっと抱き着く。
知念に呼ばれて俺から離れる有岡。
ゆっくり光が俺に近付いてくんの。


「薮…俺と大ちゃんどっちがすきなんだよ」


「どっちもすきだよ」


「え…」


信じられないような顔した光を抱き締めて俺言うわけね。


「でも愛してんのは光だけだから」


「…っ、俺もだいすきだよ薮」



そんでちゅうするんだよねぇー。
あー…最高。




中島(裕)くんの場合中伊



俺は伊野ちゃんがいればそれでいいかなぁ。



中島くん(健)の場合健風




俺も裕翔くんと同じだなぁ。
一緒に居られて、お互い幸せならそれだけで俺は幸せだなぁ。













こうして彼等の妄想大会は終焉を迎えた。
結果としては八乙女さん以外のBEST陣が変態だったということ。


これからも妄想は終わらない。
彼等が恋人で有る限りそれは永遠に続く。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ