Gray short dream


[11件〜20件/全21件]
←前の10件
次の10件→

棚機つ女<タナバタツメ> 編集中
七夕の日。エクソシストであり神田の恋人である少女は、神田の自室を訪ねた。
その部屋で見つけた一つの本の内容を知った少女は、神田の誕生日に渡すつもりだったものを手渡す。
それが悲劇を生むとも知らずに―…

童話をやってみよう! 編集中
連載ヒロイン達が演じる新感覚童話!舞踏会に憧れないシンデレラや、毒林檎よりも毒気のある白雪姫等多々!

シンデレラの魔法はとけない 編集中
初恋の相手は幼なじみ。近すぎる距離と友達としての関係に、エクソシストは悩む。
神田と自分は釣り合わないのではないかと、悩む乙女はまるで舞踏会に憧れるシンデレラ。
魔法をかける魔法使いは、一体誰なのか。
【お題提供:サマンサの初恋*みなみ様】

銀世界の赤い兎
人一倍お喋りが大好きなエクソシストは、人一倍無口な神田に対し必要以上に構う。
そんなエクソシストは、自身を寂しがり屋の兎だと言った。

包帯で紡ぐ愛
医療班で働く看護婦は、今回も負傷して帰還した神田の手当てをする。
負傷する度に、何度も包帯を丁寧に巻いた。生の証に、愛を込めて―…
【Blue Clover*桃瀬夏菜様との相互記念】

死んで花実が咲くものか
エクソシストとなる前。AKUMAに襲われた町で一人生き残った少女は、死を選ぶ。
そんな少女を引き止めたのは、その場に派遣されたティエドール部隊の神田だった。
数年後。大聖堂に安置された棺を前に、神田が教えた言葉を思い出す。

残っていたメモリー
神田は一体のAKUMAを破壊する。そのAKUMAは、自分が愛した女の皮を被っていた。
愛した女が悪魔に願ったのは、自殺した自身の親友の蘇生。その親友もまた、神田を慕っていたのである。

きみに口付けたのは二度目
病弱な寄生型エクソシストは、任務の度に医務室での安静を強いられた。
日々削られる命に震えながら、周りには明るく振る舞う姿に神田は守りたいと決意する。
【お題提供:恋雨、*夜月シキ様】

Little girl 編集中
殺戮兵器と言われたエクソシストは、幼少期に中央庁で教育されていた。
そんな何事にも無感動なエクソシストは、あるAKUMAとの対戦で脳に後遺症を残す。
その任務に同行していた神田は、常に行動を共にしていた。
【85000番*チェシャ様リクエスト】

彼女の困った性質
神田と恋人であるエクソシストには、ある悩みがあった。それは、トラウマが原因で男が苦手という事。
手を握るだけで反射的に殴り掛かってしまうという、心と体の葛藤戦争であった。
【122000番*芹川 水無瀬様】



[11件〜20件/全21件]
←前の10件
次の10件→

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ