『興醒め』


「あっ…は…」

頭から冷水をかぶったようだった

自分の心臓がどくどくいうのがわかるのに

まるで感覚が無くなっていくような虚無感

「んっ…ぁっ…あ、…ぁあ」

「どうしたの、もう限界?」

笑いながら紡ぐ言葉は冷たく軽い


分かってる


お前は俺に何も望んでないことを


「っ…は、バカか…まだ、余裕…だ」

「そう」


ああ冷たい

冷たくて死んでしまいそうだ



そうしたらお前は俺を温めてくれるだろうか



【END】

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ