☆巡り逢う翼第1章☆

□悪いのは意地かプライドか…。
1ページ/3ページ


ある休日の朝、小さな事件が起きた。

冴とエリの親友、東堂 海穂―とうどう みほ―とその恋人でありラークとレイスの親友でもある、壬生 龍聖―みぶ りゅうせい―の2人合わせて6人は、海穂の家に集まっていた。

彼等はいつも、このメンバーで学校でも過ごしている。

集まってしばらくして、家の主である海穂の個室から、明らかに尋常じゃない物の破壊音が響いてきた。

「なんか騒しがいなぁ…」

関西特有の訛りを持ちながら、龍聖が溜息混じりにそう呟く。

そんな友へレイスが一見、穏やかに見える微笑で返す。

だがこの微笑に龍聖は、毒気に当てられた様な表情を向けた。

「もうすぐエリが戻って来るから、スグ判るさ。それより、この不利な状況はどうするの?」

大方見当はつくけどね…、と思いつつ龍聖とチェスをしながら、レイスは彼の呟きに答えた。

龍聖はレイスに指差された、チェスボードを見て驚愕する。

「え!ホンマに!?」

「うん、チェックメイトしていい?」

「ちょっ、ちょっと待ってくれへん!?頼む!!」

チェスで押されている龍聖は、焦りながら必死に打開策を考えていた。

焦る龍聖をレイスは心底楽しそうに見詰める。





「ちくしょぉーっ!!」

今までにない大きな破壊音と共に、破壊作業をしている本人の、悔しそうな声が聞こえた。

「もう誰よ!?あんなに海穂を怒らせたのは!壊されてる物が可哀想!!」

呆れながら、もう手がつけられないといった表情をして、エリが部屋から戻って来る。

ある意味逃げて来たに近いかもしれない。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ