□ブックタイトル
小説:紅き夢 一夜

□執筆開始日
2010年04月01日

□カテゴリー
小説
 私小説

□概要
 血も涙もない断罪する死神、
          ペルチェ

 「あなたを断罪します。」

 人を殺して生きがいをさがす
    少女、ラル

 でも、彼女は見つけられない。

 だから死にたがる、ラル
 
 「死にたい。」

 殺し屋、カミラ

 「私は死神になりたい。
 だから、人をたくさん
        殺す。」



 

 この三人が出会ったとき、

ペルチェはラル、カミラを殺す?
 
ラルはカミラに殺してもらう?

カミラはペルチェを
       殺して神になる?


  さてこのさきに
 どんな惨劇が待っているか?

 

□読者へのメッセージ
お気に召されましたか?

  これは私の初めての
 作品で、混乱してしまう
 お客様がいらっしゃる
   かもしれません。
 楽しんでいただければ
   私も報われます。


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ