short.

□それだけでいい。
1ページ/3ページ




心がボロボロだ。
今日の自分は、うまく笑えていたのだろうか。





重い足取りで家に帰り、
なんとなく食事を済ませ、
なんとなくお風呂にも入った。

いつもなら既に睡魔に襲われている頃。
こんな日に限って眠気は全く来てくれない。





《頑張れ。》

《大丈夫だよ。》

《何かあったら言って?》


欲しいのは、
そんな言葉じゃない。
そんな言葉じゃ、今の私は救われないだろう。

それなら、
一体何が私を救ってくれる??





『ゆみ…?』


「ゆう??いつ来たの??」


名前を呼ばれたから振り返ってみると、彼氏のゆう。
合鍵を使って入ってきたのだろう。


『今。暇だったから、なんとなーく来てみたの。』


そう言いながら私の隣に座った。


何も話さない私と何も話さないゆう。
でもゆうはずっと私の髪を撫でてくれている。


あぁ…こうして欲しかったんだ。


慰めの言葉なんていらない。
ありきたりな言葉も欲しくない。


何も話さなくていいから、
誰かにそばにいて欲しかったんだ。






次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ