short.

□ねぇ。
1ページ/3ページ




「嫌になって結局別れちゃった。」


土曜日の真夜中。AM3:00になるところ。
いきなり家にゆみが来た。
そんなに深い付き合いなわけでもなく、
たまに飯食いに行くような仲で。
だからまさか恋愛相談を受けるなんて思ってもいなかった。


『なんで付き合ったの?』


「しつこかったから。」


どうやら何度も告白をされ、それがあまりにもしつこいから同情して付き合ったらしい。

…馬鹿か、コイツは。


「好きじゃない人と付き合うなんて、間違ってた。」


『わかってんじゃんか。それがわかったなら、まぁいい経験になったんじゃない?』


「だからね、ちゃんと好きな人に想い伝えようと思って。
だからここに来たの。」


は??
今、コイツ何て言った??


「ねぇゆう、




好き。」


『俺もゆみが好き。』


考える暇もなく自分の口から出た言葉に自分で驚いた。



初めて会ったとき、俺はゆみに一目惚れをして。
だけどそのとき彼女には彼氏がいたから。
友達でいよう、そう思っていたんだ。





ずっと好きだった。




『付き合ってくれる?』


ゆみは大きく疼いて、

「なんか、どっちが告白したのかわからなくなっちゃったね(笑)」

と言いながら嬉しそうに笑った。






次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ