中編小説



人間と人魚の混血児の話・・・


貴方は私の秘密を知った・・


私は貴方の秘密を知った・・


私達の間にあるのは・・・魂をも縛る『契約』だけ・・・






音素集合体である私は貴方を助けることが出来なかった・・・


でも、私はどうしても貴方を助けたい・・・生きることの素晴らしさを知って欲しい・・・


だから私は禁忌を犯した・・・


愚かな第三音素と他の音素に言われても・・・貴方は私が守ってあげる・・・・






此処のページは限界まで書き込んでいきます。(章で別れていません)



近々、アビス以外もUP予定

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ